Sightseeing

台南おもしろカード(台南好玩卡)を使って台南観光してきました!

こんにちは、ビーハイブホステルスタッフのAiです!

台風が来てる中台湾に行ってきました!

今回は台南、高雄、恆春、墾丁と

台湾の南を攻めてきました^^ (笑)

 

久しぶりの台湾だったのですが、

台南以外は初めてで、前回台南に行ったときは

まだなかった台南おもしろカードや、

墾丁エクスプレス、墾丁での電動バイクの利用方法などについて

私が利用前に疑問や不安に思ってたことと

実際に利用してどうだったかや失敗したことをまとめたいと思います!

 

まず台南おもしろカード(台南好玩卡)について

紹介しようと思うのですが、

思ったより長くなったので

墾丁エクスプレスや墾丁の電動バイクの利用方法については

別で書こうと思います。

 
 

台南おもしろカード(台南好玩卡)について

 
 

①台南おもしろカードはお得なのか?

②購入方法

③受取方法

④利用方法

 

 

①台南おもしろカードはお得なのか?


 

旅行に行くとき、周遊パスや一日乗車券などを

買うべきなのか悩みますよね。

 

私も今回台南に行く前に悩んだ結果

購入したので、お得なのかどうか

紹介しようと思います。

 

台南おもしろカードは今、公式サイトで

定価310元(約1050円)から割引になって150元(約510円)で購入できます。

台南おもしろカードでは、

1: 台南市バス乗り放題

88番、99番、我府城と書かれた紫色のバス

(77番、77-1番、77-2番や紫以外の色のバスは乗車不可)  

2: 4つの古跡のうちの1つ無料入場

古跡:安平古堡、安平樹屋、赤崁樓、億載金城

 

3: 一部宿泊施設やお店のお会計が割引に

 

 

この3つを利用できます。

 

また、チャージすれば悠遊卡(ヨウヨウカー/easy card)

一卡通(イーカトン/iPASS)などの交通系ICカードと

同じように使えます。

 

府城カードや大台南カードという別のカードもありますが

府城カードは1日券で199元(約670円)

大台南カードは1日券で269元(約910円)で、

台南おもしろカードでは乗れない77番や

その他のバスも乗れるようです。

 

……………

 

古跡の入場料はそれぞれ50元(約170円)。

悠遊卡や一卡通をコンビニなどで購入する場合

カードだけの値段(チャージなし)が100元で

そこにチャージしたい金額も払います。

カードを買って、50元分チャージしたいのであれば

カード代を含めて150元払うことになります。

 

古跡の入場料50
+チャージした悠遊卡
/一卡通150元(カード代100元+チャージ金額50元)
200元(約680円)

 

なのでまだ悠遊卡/一卡通を持っていない方は

カード代を含めて150元で、古跡1つ入場無料になるのと

指定のバスが乗り放題というだけで

台南おもしろカードはかなりお得です。

 

ただ、すでに悠遊卡/一卡通を持っている方の場合、

1つの古跡の入場料50元を引いた100元で

指定のバスが乗り放題になると考えると

バスの料金が18元(約60円)なので6回以上乗ると

お得という計算になります。

 

もしバスを乗る回数が5回以下であれば、

今持っているICカードで回る方がお得です。

でもカードが可愛いので

記念に買うのもいいかもしれませんね。(笑)

 

……………

 

②購入方法


 

内容を簡単に把握したところで、

スマホでの購入方法を紹介しようと思います。

 

まず台南おもしろカードの公式サイトに飛びます。↓

https://tainan.funcard.com.tw/
 

左上のをクリックして

念の為、繁體中文を日本語に変更します。

日本語に変えても詳しい内容などは

ほぼ中国語での説明のみなので、

あまり意味はないですが、項目などは

一応日本語で書いてあります。

 

日本語に変更後、その少し上にある

カテゴリーの交通を押すと

バス、チャータード・トラベル、レンタカー

とさらに出てくるので、バスを選択します。

 

 

そしてバスのページに飛んだら、

2ページ目の一番下(もしかしたら順番変更あるかも)に

マンゴーと虱目魚(サバヒー)の写真と

台灣好玩卡台南限定府城一日交通卡と書いてある項目が

あるのでそこをクリックすると

詳細画面に入ります。

 

右下に今買う、というボタンがあるので

購入する際はそこをクリックして

FBもしくはグーグルのアカウントでログインをします。

 

ログインが完了すると、

数量を選択する画面が出てくるので

そこで必要な枚数を選択します。

 

 

その際に左下の合計金額が1枚だと185

2枚だと335元というように出てきますが

今買うの左横にある受取方法のボタンを押して

Pickup Pointを選択すると

受け取り場所を選べるようになります。

そうすると送料分の35元が引かれて、

1枚なら150元、2枚なら300元と左下に

合計金額が出ます。

 

 

私は、高雄から台南に向かう予定だったので

臺南火車站旅遊服務中心

(台鐵の臺南(台南)駅のビジターインフォメーションセンター)

で受け取りにしました。

 

高鐵の臺南駅は中心地から

かなり離れたところにあるので

間違わないように注意が必要です。

 

下に書いてある配達予定日は

まだ確定ではなく、その日以降なら

受け取り可能という意味で

受け取り日はオンライン支払いのページで変更可能です。

 

台南おもしろカードを指定の受け取り場所に

配達するのに何日かかかるようなので

余裕を持って受け取りたい日の1週間前には予約を

済ませておいた方がいいかと思います。

 

今買うを押すと、ショッピングカートの

画面になるので内容に間違いがなければ

お支払い同意を押して

オンライン支払いの画面にいきます。

 

 

 

注文者の名前、電話番号、住所

メールアドレスを入力して、

領収書はよくわからないので

触らずそのままにしました。

 

 

そしてその下のDelivery information

受け取り場所を確認し、

受け取り予定日を選択します。

 

 

 

支払い方法はcredit cardを選択し、

下のお支払いへ、ボタンを押すと

クレジットカード番号入力の画面が出てくると

同時に予約完了メールが来ます。

 

クレジットカードの番号を入力して

支払いを終える前に、成立メール(台南好玩卡訂單成立通知信)が

届くのでびっくりしますが、これはただの確認メールです。

そのままカード番号を入力して完了すると

支払い完了のメール(台南好玩卡付款成功通知信)が別で来て、

ここで完全に予約が完了します。

 

もし最初の成立メールから

1時間以内に支払いしなければ

自動でキャンセルされ、

キャンセルメールが届きます。

 

……………

 

③受取方法


 

今回私は臺南火車站旅遊服務中心

(台鐵の臺南(台南)駅のビジターインフォメーションセンター)

で受け取りにしたので、

まず台鐵の臺南駅に向かいました。

 

改札を出てすぐ左側に黄色い看板に旅遊服務中心

と書いてるところがあるのでそこに入ります。

 

私は台南好玩卡のアプリを事前にダウンロードしてたので

その引き換えの画面を見せながら

台南好玩卡を予約したんですが、と

スタッフさんに話しかけたら、

それなに?っと、把握していない感じでした。

 

そこで台南の好玩卡という一日パスを予約したことと

自分の名前(英語)を伝えたら、

資料確認してくれて、

もしかして〇〇〇〇?っと漢字の発音で言われて、

注文者名を漢字で入力していたことを

すっかり忘れていました。(笑)

 

その後これかな?といいながら台南好玩卡が

入った袋を渡してくれました。

 

アプリの会員ページ内の注文履歴のところに

受け取り場所、受け取り予定日、

注文者名と連絡先が見れるところがあったので

そちらを見せる方が分かりやすくて良さそうです。

 

 

引き換え、と書いてるので何かアプリ上で操作したり、

あちら側でパソコン操作でもするのかと

思っていたのですが、

何もなく、そのまま一式を渡されただけでした。

 

 

注文履歴の右上にQRコードボタンがあり、

そこをクリックすると大きく表示されるのでそれをスキャンするべきだったと思います。(今更)

 

アプリ上に購入したおもしろカード、

引換え、というボタンがあるのですが

そこからはQRコードは出てきません。

 

QRコードは会員ページの注文履歴の中にあってすごくわかりにくく、

スタッフさんもやり方を把握していなかったので

QRコードをスキャンしなければいけないことに

気づくことなくその場を後にしました。

 

ただスタッフさんはすごく親切で、

88番や99番の路線図や時刻表が載った

パンフレットをくれたり、

一番近いバス停も外に出て案内してくれました。^^

 

 

……………

 

④利用方法


 

1.バスに乗る


 

 

林百貨付近までドリンクスタンドに寄ったり

国立台湾文学館に寄ったりしながら

ぶらぶら歩いていきましたが、

バスが来たので林百貨から赤崁樓まで乗ることにしました。(すぐそこ)

88番と99番は赤い看板が目印です。

 

 

バスが見えたら、手を挙げて

乗りますアピールをすると止まってくれます。

 

大体前から乗って後ろから降ります。

 

台南おもしろカード(その他ICカードも)は

乗る時と降りる時、両方とも機械に

タッチしなければいけないです。

 

(高雄や墾丁、恆春などでもICカードの場合

バスに乗る時と降りるとき

両方スキャンが必要でした。)

 

88番と99番は最初にスキャンしてから24時間利用できると書いていますが

夜はそんなに遅くまで運行していないので

時刻表の確認が必須です。

 

2.古跡を見学する


 

古跡1つは無料で入れるので

一番最初に訪れた赤崁樓でカードを

提示して入ることにしました。

 

 

入場券を販売しているところに

すこし列ができていたので、

もしかしたら入り口にカードをスキャンする機械あるかなー

っという期待を抱いてとりあえず行ってみました。

 

カードを見せながら、これで入れますか?と

入り口のスタッフさんに確認したところ、

スキャンしないといけないんだけど

ここに機械がないからあなたたちが中見ている間に

スキャンしておくねーっと

言われたので、そのままカードを預けて入りました。

 

その後そのスタッフさんは急いで

入場券販売の方に行っていたので

入場券販売のところで提示するべきだったようでしたが……

中をじっくり見て回った後、

入り口でカード受取りに来たこと言ったら

そのまま返却してくれたので、

特に問題はありませんでしたが、

ここもカード提示ではなく

QRコードだったんじゃないか?と(今更)

 

今回私はなんやかんやQRコードの存在に気づかなくても

行きたい場所に問題なく行けましたが

予約して受け取る際はQRコードをスキャン

してもらってから引き換えを完了して下さいね!

 

あと、台南おもしろカード提示で

割引が適用されるお店は

宿泊施設やお土産やさんなどもありますが

ドリンクスタンドやお弁当やさん、食堂など

色々あるみたいなので是非チェックして下さい^^↓

https://www.liontravel.com/promotion/taiwan/tainan-pass/special-offer.html

 

情報がかなり少なくて、

買い方や受け取り方、使い方も不明なことが

多かったですが、今回の私の経験(失敗)が

どなたかに役に立てばと思います!(笑)

 

おもしろカードは台南以外にも台北や他の地域版もあるので
興味のある方は是非見てみてくださいね^^
 

 

 

 
 

Back
TOP
ご予約
ご予約